手へんに句と一文字で書く漢字「拘」の読み方、使い方、意味等を解説!

手へんに句と一文字で書く漢字「拘」

手へんに句と書くと「拘」の漢字になります。

構成要素は単純ですが、一文字だけをみるとピンとこない人も多いことと思います。

本稿では「拘」を深く理解するために、読み方や使い方、意味のほか成り立ちなども解説していきます。

「拘」の基本情報

まずは拘の読み方などを見ていきましょう。

漢字
部首 手(てへん)
音読み コウ
訓読み かか-わる・こだわ-る

日常的に使われる「拘」

「拘」の音読み・訓読みは上記の通りです。

このうち、音読みの拘を使った単語は日常的によく使われるため、しっかりと覚えておくべきです。

例えば、以下のようなものがあります。

【拘束(コウソク)】

自由を制限すること、束縛すること。

ex.勤務のために毎日8時間拘束される

【拘置(コウチ)、拘留(コウリュウ)】

罪人などの自由を奪い、監獄や留置場に止めておくこと。

ex.事件の容疑をかけられ、留置場に拘置される

拘束・拘置・拘留などの単語で考えると、すんなりと理解できるはずです。

拘の成り立ち

拘の意味は、成り立ちから考えるとよくわかります。

「拘」は「手+句」で作られる漢字であり、意味のカギを握るのは「句」です。

少し縁起の悪い話になりますが、本来「句」は屈屍(クッシ、死んだ人間が体をかがめて横たわっている形)を表す象形文字です。

この意味が発展して、句は曲がること全般に用いられるようになりました。

例えば、

句兵(コウヘイ)・・・先端が曲がった形の武器

句爪(コウソウ)・・・かぎ爪が曲がっている種類の鳥

などの単語があります。

また、文章を締めくくる「。」すなわち句点(クテン)も、「、」が曲がって「。」になっているため句点と呼ばれます。

手へんと句の組み合わせ

以上のように、句とは曲がっている様子を意味します。

これと手を組み合わせた「拘」は、

捕まえ(手)、身を屈する(句)ように圧力をかける⇒自由を奪う

の意味となります。

句の本来の意味をよく知ったうえで「手+句=拘」を考えると、分かりやすく、面白く学べることでしょう。

訓読み「拘」はこだわりの意

では、訓読みの「拘」はどうでしょうか。

訓読みの場合、拘は

・拘(かか)わる

・拘(こだわ)る

などの使い方が挙げられます。

「かかわる」としてよく使われる漢字には関わる、係わる、拘わるがあります。

このうち、関わる・係わるは同じ意味として通用され、意味は「関係する」です。

これに対し、「拘わる」と書く場合には「こだわり(拘り)を持つ」の意味となります。

この意味を押し広げると、音読みと訓読みの意味があまり変わらないことに気づくはずです。

こだわることは執着することであり、嗜好や性向によって自らの自由を奪っているともいえます。

この意味において、訓読み「拘」も「自由を奪う」の意味と捉えることが可能です。

こだわる意味の用例

実際の用例をひとつ見てみましょう。

朱子学の入門書である近思録(きんしろく)には、易の解釈を教えるくだりで

一(イツ)に拘(コウ)するを要せず

と書いています。

これは、「ひとつのことにこだわりすぎる必要はない(こだわりすぎると、易の応用ができなくなっていけない)」という意味であり、拘が「こだわり」の意味で使われている好例です。

まとめ

本稿では、「拘」について解説しました。

音読みの場合には拘留・拘束など、日常的によく使われる漢字であり、理解しやすいことと思います。

分かりにくいのが訓読みですが、これも基本的に「こだわり」を意味するものと考えることで、簡単に覚えられることでしょう。

漢字学習では、成り立ち、音読みと訓読みのイメージの違いなど、広い視点で学んでいくことを心がけてください。

シェアする