田鳥と一文字で書く漢字「鴫」の読み方、使い方、意味等を解説!

田に鳥と一文字で書く漢字「鴫」

田に鳥を合わせると、「鴫」という難しい漢字になります。「こんな漢字、初めて見た」と抵抗を覚える人もいることでしょう。 たしかに、「鴫」は見慣れない漢字であり、あまり使うことのない漢字ですが、一般によく知られていることわざにも関係しており、成り立ちも興味深い漢字です。 本稿で「鴫」について勉強していきましょう。

「鴫」の解説

「鴫」の基本情報は、以下の通りです。

漢字
部首 鳥(とり)
音読み デン
訓読み しぎ

ここにある通り、「鴫」はシギ科の鳥を表す漢字です。

「デン」の読みは「田」の音読みをあてたものですが、「デン」の読みで用いられることはほとんどありません。

日本で生まれた「鴫」

そもそも「漢字」とは、中国の人々、すなわち漢民族が歴史とともに生み出し、体系化してきたことから「漢(民族の)字」というようになりました。

これに対し、中国漢字の仕組みを真似て、日本で独自に作られた漢字のことを「国字(こくじ)」といいます。

国字は、中国においてはその漢字を作る必要がなく、存在しなかった漢字を、日本で必要に応じて作ったものです。ただし、中国に全く存在しなかった漢字を新たに作るのではなく、中国に存在していた同じ意味の漢字を、日本風に変化させた国字もあります。

このため、国字は日本独自の文化に深く関係しています。例えば、

  • 日本古来の宗教である神道と深い関係にある「榊(さかき)」
  • 日本で生まれた落語などの演目のように、広い意味での「物語」に新しさ・珍しさなどの意味を含ませた「噺(はなし)」
などの国字があります。

「鴫」も、元々中国漢字には存在しない漢字であり、奈良時代に日本で作られた国字です。

「鴫」とことわざ

日本のことわざには、「猫に小判」「犬猿の仲」「蛙の子は蛙」など、生き物が用いられているものが多いです。「鴫」も、ことわざに使われています。

例えば、「鴫の看経(しぎのかんきん)」ということわざが有名です。

看経とは、お坊さんがじっと集中して、お経を黙読している様子を表します。

シギが羽掻(はがき。クチバシで羽をつくろうこと)をする際には、せわしない動きをします。このことから、バタバタとせわしなく動くこと、あるいはそのように行動する人をシギになぞらえて、「鴫の羽掻(しぎのはがき・はねがき)」ともいいます。

しかし、日本の田園風景では、シギが羽掻をすることなく、田んぼでぼんやりと佇んでいる様子がしばしば見られます。

その佇まいを見ると、シギが何やら深い考えを巡らしているようにも見え、看経するお坊さんのようでもあります。もちろん、あくまでもそう見えるだけであって、シギが難しいことを考えているわけではありません。

このことから、

「いつもせわしなく動いて思慮深く見えない人は、黙って静かにしているだけで深い考えを巡らしているように見える(実際にはただぼんやりしているだけでもそう見えるという揶揄を含む)」
という意味の「鴫の看経」ということわざが生まれました。

漁夫の利

また、「漁夫の利」ということわざがあります。利害が対立する者が互いに争っているところへ、第三者が隙をついて介入し、利益を横取りすることです。

漁夫の利の出典は、中国古代の戦国時代の思想や出来事などをまとめた『戦国策』という古典です。『戦国策』には、

“シギがハマグリを食べようとしてクチバシで突っついたところ、ハマグリが負けじとクチバシをがっちり挟み込んで、両者ともに退くに退けない状況になっていたところ、たまたま通りかかった漁師がシギとハマグリを一挙両得で手に入れた”
という一節があります。つまり、シギは「漁夫の利」の元ネタになっているのです。

「鴫」の漢字を作った理由

上記の「鴫は国字」と書いたため、ここで、

「鴫の漢字は日本で生まれたもので、中国にはない漢字なのに、なぜ中国の書物である戦国策にシギが登場しているの?」
という疑問を抱いた人もいると思います。

実は、中国にもシギを表す漢字がありました。『戦国策』では、この一節を「鷸蚌之争(いつぼうのあらそい)」と表現しており、「鷸」がシギ、「蚌」がハマグリにあたります。「漁夫の利」という言葉は、「鷸蚌之争」が日本で変化したものです。

「鴫」も「鷸」もシギ科の鳥を意味します。つまり、日本にも「鷸」という漢字が伝わっていました。

しかし、古代中国では「鷸」を「雨を予知する神秘的な生き物」と考える思想があり、「鷸」の漢字には多分に宗教的・儀礼的な意味合いが含まれていました。

日本では、このようにシギを神秘的に考える思想がなく、田園風景の一部とする見方が普通であったため、「鷸」を「田んぼの鳥=鴫」へと作り変えたわけです。

「鴫」の漢字を学ぶついでに、「鴫」が作られた理由なども含めて学んでみると、漢字の面白さや魅力が感じられるのではないでしょうか。

シェアする